So-net無料ブログ作成

くせ者「不便」

世の中にはいろいろな不幸があるように言われていますが、「不幸」では無く「不便」(時には「不十分」)なだけの場合が少なくありません。その一つが貧乏でしょう。貧乏でも精神の貧しさは概ね不幸だといえますが、お金や物質の貧しさと不幸との相関関係はあまり見られません。

威張れたことではありませんが、私はここ暫く零落の身、たっぷりと物質的な貧乏を味わっています。貧乏ですので、いろいろと不便です。エアコンが壊れてもそのまま放置しています。梅雨時にそのエアコンの壊れたままの部屋で寝るには苦痛な夜もあり、些か不便です。扇風機とうちわが活躍します。それでも厳しい時(一夏に2,3回)は、エアコンの無事な部屋に集合します。ランタンなどを引っ張り出し、ちょっとしたキャンプ気分です。それはそれで楽しいですが、不便なことは言うまでもありません。まして子供の友達が泊まりに来ている時などに重なれば、集合という訳にもいかず、我々夫婦は一晩中うちわを動かさねばなりません。物質的に貧乏な故に不便なことを挙げれば限がありません。が、私が鈍いこともあるのでしょう、「不幸」を感じることはなさそうです

さて、この「不便(不十分)」が曲者です。
私は冬でも汗をかく程ですので、梅雨時にエアコンがないのは不便と感じますが、エアコンをお使いにならない主義の方も少なくありません。そういった方にとっては、エアコンはなくとも不便ではありません。私自身をとっても、子供時代にエアコンのある部屋で寝ていたわけではなく、それを特に不便と思った記憶もありません。「不便」というのは、人により、同じ人でも時により、場所によりその尺度が変わってきます。「不便」というのは実にあやふやなものです。そんないい加減な尺度で価値や評価を決めていることが、他にも実に多いことに気がつきます。

温暖化の改善のために、自家用車の保有を止めようといえば、「それは不便で毎日の生活に支障を来す」、携帯電話を持つのを止めようと言えばやはり「不便だ」ということになるでしょう。「不便」を避けるためにいろいろなものにしがみつき、「不十分」を満たすために新たに手にしようとする毎日が、私たちの生活そのものなのかも知れません。この何気なく判断の拠り所としている「不便(不十分)」について、その基準を考えたことはなかった、少なくとも私はなかった、と思います。
私の敬愛するビアスは「不便」「不十分」をどう定義しているのでしょう。頁を広げてみましたが、ビアスはいずれの言葉にも興味を持たなかったのか、見あたりませんでした。

[目]

「不便」に限らず、日常何気なく使っている尺度、それも結構に大切な尺度は、かなりいい加減で定義すら意識していない事があります。たまには、「不便って何よっ」そんな事を「考えて」みても良いかな。

Blues Brothers - Think


Think (think) think (think) think (think)
think (think) think (think) think (think)

You better think (think) think about what you're trying to do to me
Yeah, think (think, think), let your mind go, let yourself be free


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

トラックバック 0