So-net無料ブログ作成

石破農水大臣のコピー人間

コーヒーブレイクに参議院予算委員会のTV中継をちょこと見ました。
丁度民主党の福山議員が三笠フーズなどの一連の問題を質疑しているところでした。
事故米の流通に関与しているとして、農水省が発表した会社商店の風評被害に対する責任について言及されたとき、石破農水相は、「農水省、政府の責任であり、謝罪訂正広告などの表面的な対応でなく、会社商店の信頼・のれんを回復し経営を支援する事を進めていく」と言った類の内容を歯切れ良く簡潔に、かつ分かりやすい言葉で答弁されていました。前後の一連の答弁でも、いつもながらの石破さんの真摯な態度と言葉使いの適切さを感じましたが、同時にこの程度(ちょっと失礼な言葉使いですね。石破さんご免なさい)の人が国会議員(この場合は閣僚対象の自民党ですが)の中になぜもっといないのだろうか、と些か淋しい思いがしました。
直後の麻生首相の冗長で意味不明な答弁とのギャップが際だっていましたが、麻生太郎という人はTPOに関係無く余計なフレーズを挟みすぎます。多分それで自分の言うべき言葉が組み立たなくなってしまって居るんでしょうね。その後、質問者が羽田議員に替わり佐藤国家公安委員会委員長、河村官房副長官の答弁がありましたが・・・・ザンネン!!の一言。

コーヒーブレイクの20分足らずのTV観戦?で結論めいたことを言ってはいけませんが、石破さんレベルを他の国会議員の先生方に期待するのは、なかなかに難しいことのようです。いっそのこと石破茂のコピー人間でもドラえもんに出してもらいましょう。ドラえもんはそんな道具は持っていませでしたっけ。
石破農水相、石破2号厚労相、石破3号外相、問題のある省庁は全部石破コピー大臣。あの顔が閣僚席に並んだのでは、赤ん坊が泣くかしら。まあ赤ちゃんが国会中継を見る事は余りないでしょうから、でもよくよく見るとなかなか良い、かわいい(重ねて失礼)笑顔なさいますよ、石破さんは。

[目]

テレビの国会中継を、特に本会議より予算委員会などの委員会中継をご覧になることをお勧めします。議員や閣僚の力量と真摯さが、選挙演説よりずっと良く分かります。ちょっと気が早いですが、次の国政選挙こそ私たちと次の次の世代をもの生活と幸福を考えてくれる議員を選出しようではありませんか。環境も経済も年金などの福祉も、あちらこちらがもう待った無しですから。
「石破さんなんか取るに足らない議員だ」そう言える選挙結果になるかな~


我が子らの母がこのブログに侵略してきました。 自分のブログを作って管理するのが面倒なためでしょうが、よろしくお願いいたします。 私の記事が目障りな方は、どうぞマイカテゴリをご活用ください。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。